<STORY>

21世紀初頭、日本。世界規模による不景気によって失業者が増大。

深刻な社会問題になっていた。

警察が介入するのが難しい事件が増え、警視庁はある調査機関に助けを求めた…。

…探偵である。

 

両者は固い協力関係を結ぶようになり、全く新しい機関「第9課特殊捜査部」が設立。通称「第9課」

しかし事件は絶えず日常的に発生する。

「女性の髪を狙う連続異常殺人犯」「世に蔓延るドラッグ【ジョーカー】」

 

事件解決に乗り出すのは探偵を嫌い、過去を追い求める刑事。

後輩の生真面目刑事。真面目を愛するすれ違い婦警。

第9課特殊捜査部の謎多き刑事部長

 

そんな中警視庁御用達のエリート探偵、笹倉がマークしているのは

 

黒い噂の絶えない初老の大富豪。

事件の匂いを醸し出すお嬢様

それに従う純朴なメガネ執事

 

一方、元警察官が営む喫茶店「ゆきつり」に事務所を構える三姉妹探偵にも依頼が

ストーカー被害を訴える女子大生と、その女子大生を見守る心優しきストーカー

 

そして、全ての事件に関係する謎の女性、あずさ

 

数多の事象と思惑が絡まり、解きほぐされるステレオ型オムニバスシアター!!

 

ー忘れられない過去、消さない罪を抱えても、新しい明日(セカイ)を迎えるー


脚本・演出:高島紀彦

大学時代に演劇の世界にのめり込み、卒業後単身金沢より上京。

2010年6月から「ACTOR'S TRASH ASSH」に演出助手として所属となる。

演出家として、「チョイス!」「針が指す彼方まで」「針が指す空遥まで」「雨の中の紫陽花」「キミに逢いたくて」演出等を手掛け、好評を博している。